法律で義務付けられる空気環境測定

ビルの定期検査項目である空気環境測定が必要な理由

3,000㎡以上で店舗や事務所等に使用されているビルなどの建物や、8,000㎡以上の学校は特定建築物に指定されています。特定建築物はビル管理法という法律で管理方法が決まっています。その法律で決まっている管理方法の1つに空気環境測定があります。
なぜ、空気環境測定が必要なのでしょうか。全国に建っているオフィスや百貨店などの商業施設はだいたい、特定建築物に指定されています。このような特定建築物は大抵、開閉できるような窓がありません。天窓から太陽の光が差し込むデザインのビルはありますが、大抵のビルは空調で空気を循環させたり、温度管理をしたりしています。なので、空調設備が汚れていたり、調子があまり良くなかったりすると、ビルの中の空気は汚れた状態で循環することになります。そして、冷暖房の設定温度が高すぎたり低すぎたりしても、調子が悪化します。そのため、定期的に空気環境測定をして、人が生活していても悪影響が起きない空気なのか調査する必要があります。
他に、私達は呼吸をしつつ酸素を吸い二酸化炭素を吐いていますので、空気の循環が滞っている場所にいたら、やがて酸素を吸いきってしまい倒れてしまいます。そうならないためにも調査しています。

ビルの空気環境測定とは何か?

私たちが働く職場の中で、ビルの中にあるオフィスで働いている方は多いことでしょう。実はそのビルに、一定期間ごとに設けられている定期検査があることをご存知でしょうか?この一定期間ごとに設けられている定期検査とは「空気環境測定」と呼ばれるものです。
空気環境測定とは一体どのようなものなのかというと、ビルの利用者が快適に過ごせるよう、ビル内の空気が健康などに影響を与える可能性がないかのチェックを行うのです。一酸化炭素やガスといった人体に有害な影響を与えるものが流出していないか、粉塵などが舞っていないか、室内と外気の温度、又は湿度差が激しくないか、などが主なチェックの項目になります。この空気環境測定は2ヶ月に一度計測をして検査を行わなくてはいけないよう、ビル衛生管理法という法律でしっかりと定められています。
空気環境測定で基準を超える異常が見つかると、その原因を特定し改善しなくてはいけなくなるのです。ビル衛生管理法はビルの衛生環境が確保されて、働いたり利用する方が快適に使えているかどうかのチェック項目とも言えます。通常社会人が働くようなビルのほか、公共施設である学校や3000㎡以上の商業施設なども対象となっています。このように私たちが働いたり利用している商業施設の衛生環境を、法律が守ってくれているのです。

異常があればその場でアドバイスを行います。 ハウスクリーニングの実績がある当社はメディアにも多数紹介されており、お得なパックもございますので、一度ご利用ください。法律により、2カ月1回空気環境測定業務を実施すること決められています。 お客様の笑顔を見るために、仕事に誇りをもって、環境衛生に関する測定や設備管理、清掃管理を行っています。 空気環境測定についての情報はこちらから

  • 定められている空気環境の数値とは?

    ビルの空気環境はどのように定められているか 不特定多数の人が出入りする延べ床面積が3000m2…

    » 続きはコチラ

  • 空気環境測定業者選びのポイント

    ビルの空気環境測定の必要性 ビルなどではいくつかの定期検査をする必要性があります。それぞれの検…

    » 続きはコチラ

  • 専門業者への委託がオススメ

    ビルの定期検査と空気環境測定 ビルの定期検査のひとつとなるのが、空気環境測定です。ビルの中の一…

    » 続きはコチラ